So-net無料ブログ作成

CT [院長の独り言]

さて、昨日CTを購入したことを書きましたが・・・・・

患者さんの中には『CTをとれば何でもわかるんでしょ!!!』という方がいらっしゃいます。
答えは『いいえ!』です。

つまりCTとはレントゲン検査と同じと思えば良い、単純レントゲンを360度で撮影して、それをコンピューター処理するだけ。
つまりCTでも診断するには限界があるのです。
実際神経系の診断にはCTよりもMRIが有効なのです。

じゃーなんでMRIを購入しないの?となるのですが、MRIは部屋を作るのが大変なのです。
MRIは磁気が外から入り込まないように作らないといけないので当然お金がかかるのですよ。
ですからCTよりもトータル金額がかかるのです。

CTを撮影して、万が一診断が使い時には、逆の発想でCTでは診断できない病気となるので、除外診断から正確な診断を導き出すことも可能になるのです。
nice!(1)  コメント(0) 

2月4日 ことしからまた再開 [院長の独り言]

いろいろありまして、しばらくブログから遠ざかっていました。
ブログの難しさ、そして怖さを知った一年でした。
いろいろ考えましたが僕なりに一人でも多く正しい考え方を伝えるには、やはりブログが自分には必要だという結論に達した為再開することにしました。

今後、一般的な獣医療の考えなどを記載していきます。
宜しくお願いいたします。


さて、現在の私の病院のことですが・・・・・
実はCTスキャン装置を友人達とともに共同購入しました。
というのも、レントゲン検査やエコーでは対応できない症例が増えてきてしまったからです。

例えば椎間板ヘルニア、肝臓の腫瘍、脳の腫瘍といったもの・・・・

昨年経験したものですが、癲癇発作を起こして来院された患者さんがいました。
てんかんの症状があまりにも強く、経験から嫌な予感がしたために、そくCTをとるように手配しました(この時はまだCTを購入していませんでしたのでCAMICという会社を使用していました)
CT、MRIをとった結果なんと、突発性癲癇発作ではなく脳炎を起こしていることが確認されました。
この症例からわかるように、いままでCTなどを使用していなかったためにもしかしたら脳炎などを見落としていたのかも!?という考えが生じてきました。
そうすると自分でCTがいつでも好きなときに撮影できる状態にすることが必要である。という結果になり、購入することになったのです。

画像 001.jpg画像 003.jpg
画像 004.jpg
現在は写真のようにまだ調整段階にあります。
しかし稼動し始める(2月10日より)といままでよりも数段診断能力が病院としても上がり、いままであいまいであった診断に対してもきちんと診断できるようになると期待しています。


nice!(1)  コメント(0) 

4月5日 多摩川桜 [院長の独り言]

最近、あたたかくなりましたね。
私の住んでいる『狛江市』には、多摩川があります。
その多摩川沿いには桜が満開になっている場所が数か所あります。
春になると大勢の人がその桜を目当てに集まってきます。
DSC_0311.JPG

その満開に見える桜の中につぼみを見つけました。
DSC_0312.JPG

実は、毎年同じ場所、同じ木で写真を撮ってます。
同じ木なのに毎年違う景色になるのが不思議です。
nice!(0)  コメント(0) 

3月29日 [院長の独り言]

当院では受付横に常に生け花があります。実はこれは獣医師である上ノ堀先生の作です。
病院に来院されたときには見てください
2月1週目.jpg
2月2週目1.jpg
2月3週目1 .jpg
2月4週目.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

2月27日 横隔膜ヘルニア [院長の独り言]

この症例は横隔膜をやぶって肝臓の一部と胆嚢が胸腔内に入っていた症例です。

画像 006.jpg

手術後はこのようになりました。
画像 024.jpg

手術前には肝酵素の上昇が確認されていましたが手術後1週間で正常値になりました。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。