So-net無料ブログ作成
院長の独り言 ブログトップ
前の10件 | -

イオヘキソールテスト [院長の独り言]

前回の続き。
このテストを行うと現時点での腎臓の残存率がある程度把握できます。
結局この症例は40%ぐらいの残存率でした。
はっきりと腎臓のことを診断するには必要な検査だと実感。
ただヨードアレルギー反応を起こす場合もあるようなので絶対的に安全な検査ではないようです。
私の病院ではこの点を踏まえても必要な検査だと思っているので今後も実施していくでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

柴犬のCre [院長の独り言]

最近感じていることなのですが、柴犬で尿検査では異常がないのに血液検査をするとCreが高い子がいます。
どうしてなのかはわかりません。
こんな時はイオヘキソールクリアランス測定を実施するときちんと診断できるようです。

nice!(0)  コメント(0) 

今回は肝臓 [院長の独り言]

胆嚢胆管画像07年10月6日 019.jpg
今回は胆のう炎を起こしていた犬のエコー写真です。
胆のう胆管炎を起こしていると写真のように胆のうおよび胆管壁が白く増強されて確認されます。
この症例は嘔吐を頻繁にしていたためにエコーを実施したところこのような写真が得られました。
ここまで白く撮影された経験がなかったためちょっとびっくりでした。
nice!(0)  コメント(0) 

エコー写真 [院長の独り言]

今回の写真は犬の消化管リンパ腫です。
この症例は血便が止まらないとのことで来院され、触診でおなかの中にしこりが確認されました。
そのためにエコー検査を実施したところ消化管に腫瘍があることが確認されました。
画像 002.jpg
写真左側にある丸いものが消化管です。

本症例がリンパ腫と診断されたのは、このあと手術により主要部分を摘出し、病理検査に出したからです。
nice!(0)  コメント(0) 

昨年の症例から・・・ [院長の独り言]

昨年、歯石が著しくついていて、かつ歯肉炎がひどかった子がいました。
その子はなんと脊椎炎を起こしてしまい、椎間板ヘルニアのように後躯麻痺が起きてしまいました。
この子はなりませんでしたが、ほかには肺炎を起こすこともあるようです。

歯肉炎や口内炎も侮れないことがこの時に学んだことです。
著しく歯石がついてしまっている場合や歯肉炎がひどい場合は人間とは違って全身麻酔で処置をしなくてはなりません。
確かに麻酔という点ではリスクがあるかもしれませんが、上記のようなことにならないためには、歯石除去手術はしたほうがよいのではないでしょうか。
難しいですね・・・・・
nice!(0)  コメント(0) 

昨日のこと [院長の独り言]

昨日、深大寺に初詣にいってきました。
当然すごい人!人!人!状態!
でも、そんななかでロングリードにて犬を連れている人が結構多かった!
人が多い=当然犬が苦手な人も多くいる可能性がある
なので、リードは短く、そして他人には迷惑をかけないようにすべきなのでは!?

ことしは こんなこともつぶやいてみようかと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 

新年ですが・・ [院長の独り言]

新年早々すみません。
1月1日に、病院のアイドル猫である、もりちゃんが虹の橋をわたりました。
そのため、本日1月5日は葬儀に行くために病院での急患をお受けできません。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

やっと記載できる症例が・・・・ [院長の独り言]

CT導入してからなぜか椎間板ヘルニアの症例が多くなってきています。
そんななかでも見やすい症例があったので記載してみます


椎間板ヘルニア1.JPG
左下の写真をみると白い線が途切れている部分があります。
この部分が病変部です。


椎間板ヘルニア2.JPG
これが正常の部分。

椎間板ヘルニア3.JPG
これが以上の部分。

nice!(0)  コメント(0) 

CTセンターがんばります! [院長の独り言]

さて、いよいよ今日からCTセンターがはじまりました。
このセンターが活躍しそしていろいろな子たちが今まで以上に病気に立ち向かえるようになれるといいな~なんて思っています。

実は2月8日よりCTセンターのCTは練習を兼ねて動かし始めていました。
というよりも、症例が来てしまい、GEの技術の人に動かしてもらいながら本番撮影→椎間板のオペとなってしまった症例が2症例も出ました。

やはり、CTがあるときちんとした診断そしてオーナーへの説明ができ、レントゲン画像とは全く違う画像によりオーナーが今までに私たちが感じたことがないぐらい説明されたことをすぐに理解されていた、ということに驚きを感じました。
内視鏡モードといったように視覚にうったえるような画像があるとこんなにも違うのですね・・・・・


nice!(1)  コメント(0) 

2010-02-09 [院長の独り言]

ko.jpg
今回購入したのはGE、デュアルです。
これが撮影したあとのモニターのものです。
ちなみに椎間板内をみています。

左上のもの、これは内視鏡モードというものをつかって椎体内をみているものです。
消化管内の内視鏡に似ているものですが、これは撮影したCT画像をコンピューターで処理しています。
これがあることにより飼い主にも説明がしやすくなりました。

CTは撮影してみるとすごく効果的、
おそらく原因不明の跛行、肘が原因の跛行などではレントゲンでは結構診断が難しいのですがCTをとると・・・

ちなみに短時間の全身麻酔が必要です。
ですから、この点だけが問題になるのです。





しかし、
GEの人に教わり撮影したのですが・・・・・・・・・・・
それは、
猫は洗濯ネットに入れてハンドケージに入れると、ある程度は撮影できるのです。
確かに正確に見るには麻酔が必要ですが・・・・ちょっと確認したいときなどはこの方法で無麻酔でできることが確認できました・・・

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 院長の独り言 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。