So-net無料ブログ作成
検索選択

昨年の症例から・・・ [院長の独り言]

昨年、歯石が著しくついていて、かつ歯肉炎がひどかった子がいました。
その子はなんと脊椎炎を起こしてしまい、椎間板ヘルニアのように後躯麻痺が起きてしまいました。
この子はなりませんでしたが、ほかには肺炎を起こすこともあるようです。

歯肉炎や口内炎も侮れないことがこの時に学んだことです。
著しく歯石がついてしまっている場合や歯肉炎がひどい場合は人間とは違って全身麻酔で処置をしなくてはなりません。
確かに麻酔という点ではリスクがあるかもしれませんが、上記のようなことにならないためには、歯石除去手術はしたほうがよいのではないでしょうか。
難しいですね・・・・・
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。